生命保険典型ファミリー
生命保険に入ってるファミリー
路上の生命保険外交員
電話する生命保険外交員

新入社員時代から加入していた某大手生命保険の更新時期がきたので、保険会社とアポイントをとり休日空いているショップに行きました。
当たり前のことながら、このままの契約を続けると保険料が値上がりするので、金額は変えずに保険の規模を縮小させるかたちで継続しました。
ただ自分は父親が癌で若くして亡くなっており、癌保険も加入したかったのだが、別途加入しなければならず、その時はあきらめました。
しかし家に帰ってからもなんだか気分が良くなく、最近流行りの生命保険の相談見直しショップをネットで調べて試しに行ってみました。
見直しのショップでは各会社の生命保険を取り揃えており、自分のニーズを聞いてくれて非常に相談もしやすかったです。
相談をしていくうちに、各生命保険会社の保険を組み合わせて、見直し後は今まで加入していた保険よりも割安の保険料で、保険内容は今まで以上の保険に加入することがでいました。
これも保険の見直しショップの方が、自分の話をよく聞いてくれて、相談にきちんと乗っていただいたから成約できたものであると感謝しています。
Read more

オフィスの生命保険外交員

では、保険の見直しについてです。
どんなタイミングで考え直すことができるでしょうか。
一番考えるタイミングとなるのは、結婚と出産です。
結婚や出産によって家族が増えます。
つまり、もう自分だけの保障を考えればいいという状況ではなくなるんです。
新しい家族の保障を考えることも必要ですが、自分の保険内容を考えるタイイミングにもなります。
今の時期はどの部分を手厚くしていればいいのか、逆に削れる部分はあるかなどを考えると、そのときに必要な保険にすることができます。
ただ、保険の見直しにはプロの目が必要になってきます。
そうしたときに助けとなるのが、保険相談の窓口やネットなどの相談フォームです。
時間がなくてなかなか店頭に行くことができない人や、小さい子供がいるから店頭に言っても落ち着いて話をすることができないという方には、ネットでの相談がお勧めです。
自宅に来てくれることも多く、実際にプランを立て直しながら話ができるというのがメリットの一つにあります。
Read more

男の生命保険外交員

生命保険とは、病気や怪我、手術や入院といったときに、保険者つまり、保険会社が受取人つまり、保険をかけている人に保険金を支払うことを約束した保険です。
簡単に説明すると、受取人である人は掛け金を納め、必要に合わせ一定条件に合えば保険会社からお金を受け取ることができるということです。
生命保険は、年齢が若いうちに契約しておくことが勧められています。
それは、保険料が関係しています。
ほとんどの保険会社の場合、年齢が若いと保険料も安く設定されています。
一生その保険料というところもあれば、年齢によってあがっていくという会社もあります。
しかし、すべての会社に共通して言えることはさまざまなタイミングで保険の見直しが必要になるということです。
就職、結婚、出産、引越し、さらには老後のためになどさまざまなライフイベントに合わせて保険を考えることが大切です。
さらに、保険が家計を圧迫しているということもあります。
自分の家計の状況と保険内容が見合っているかということも考えます。
Read more

生命保険に入ってるファミリー

無料相談とは言え、相手の方も契約のきっかけを掴むために必死です。
専門用語や知識を駆使して説明してきます。
かなりやり手のプランナーなら、相手の求めるところを的確について情報を提供してきます。
この時に、それなりに知識がないと丸め込まれてしまうことがよくあります。
月々は数千円でも、何十年と払い続けるという自覚を持っていないと、目先の金額に惹かれて契約してしまう場合があります。
最近の低金利では、保険で貯金することにメリットがないと言われれいます。
長い年月をかけて使えない商品を持ち続けることは、それだけで損をしていることに繋がる場合もあります。
信頼出来るプランナーと商品選びには、それなりに情報を得る努力が必要です。
Read more

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031